熊本市、熱帯夜の「白露」 産山村は初秋の気配

Posted on 2010年9月8日 | Category :Blog | コメントは受け付けていません。
8日は二十四節気の一つ「白露」。暑さが和らぎ、秋の気配が漂うころとされるが、熊本市、天草市牛深では最低気温が25度を上回る熱帯夜となった。

 熊本地方気象台によると、8日の最低気温は熊本25・0度、牛深25・2度、阿蘇乙姫21・8度、人吉23・6度。平年より2・0~4・3度高かった。

 平地は人も草木もなえるような暑さが続くが、産山村の高地では薄紫色のヒゴタイの花が涼しい風にゆらり。周囲の稲穂も色づき、初秋の雰囲気が漂っていた。

 9日は高気圧に覆われて晴れる見込み。最高気温が30度を超す厳しい残暑になるとみられている。

台風9号が昨晩(2010年9月7日)には影響圏じゃなくなった熊本。「今日は雨は降りそうにありませんから、干しても大丈夫ですよ」と教えていただいたけれども、午前中は雲も多くて洗濯を躊躇していました。
昼過ぎて「部屋干し」に設定して洗濯。待っている間横になっていたら、夢を観るほどぐっすりと眠っていました。心地良い午後の眠りでした。

顔に太陽の陽射しが当たって目が覚めました。「洗濯機は止まっていますよ」と教えてもらった様な気がしました。夢の中で人とあって楽しい時間を過ごしていたので、声をかけてもらって気持ち良い目覚めをむかえたような感じです。

気持ち良い秋の午後のまどろみ。陽射しは強いけれども、柔らかな風邪が気持ちの良い午後です。

Comments are closed.